スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地蔵盆

  • 2006/08/24(木) 17:58:03

今年も町内の地蔵盆がやって来ました。
8月22日に行われました。
地蔵盆

先日 ご紹介させていただいたお地蔵さんも
このように お飾りを付けて おまつりしてあります。
地蔵盆

お地蔵さんの両側には お飾りが天井から
ぶら下げられます。
たいへん 古いお飾りでだいぶ色も褪せてはいます。
片側をご近所さんのご先祖様が
もう片方をかわちやのご先祖様が 寄付した物だそうです。
「河内や たけ」
と名前が入って入っていました。
相当前の方ではないかと思います。
一度調べてみないと・・・


地蔵盆は「数珠回し」から始まります。
地蔵盆

東寺さんのお坊さんの お経に合わせて
数珠を回します。
房のところが 回って来る度に拝みます。
子供たちは ちょっとたいくつそう・・・

お経の後の 法話は子供が少ない事もあって
大人向けのお話でした。
いいお話を お伺いする事ができました。

地蔵盆

町内の提灯と子供たちの提灯・・・
私の小さい頃は たくさんある提灯の中から
自分の提灯を探すのが うれしかったものでしたが
今は ちょこっとぶら下がってるだけで
さみしい感じがしました。

お参りの後は ご近所さんと町内の歴史のお話などしながら談笑・・・
「今年は お子さん二人なんですか?」
と問うと・・・
なんでも サマースクールと言い
毎日 学校へ朝だけ勉強しに行っているそうで・・・
私が小学生なら耐えられない話だな・・・
と驚きました。

私が地蔵盆に参加してた頃は 
地蔵盆前の行灯作りに始まって
当日のくじ引き すいか割り ゲーム大会
金魚すくい・・・高学年のお兄ちゃんに将棋教えてもらったり・・・
みんなで歌を歌ったり・・・
2日間行われ 最後の花火大会はさみしい気持ちになったものでした。

子供が少なくなってるのを リアルに感じた地蔵盆でした。

そうそう 会場でとっても可愛いものを見つけました。
地蔵盆

お地蔵さんの絹布絵です。
以前 掲載させていただいた
「川勝 忠和氏」の絹布絵の作品です。
ちょうど 会場もこちらでお世話になりました。
とても可愛いお地蔵さんが 表現されてて人気の作品だそうです。

地蔵盆は夕方まで 行われ今年は終了しました。

京都の文化 地蔵盆は子供が少なくなっても
ぜひ続けて行きたい行事のひとつです。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

初めまして(^^♪

訪問ありがとうございました(^O^)
「京都」という文字が目に入り、履歴から飛んで参りました(^^ゞあんずと言います。
ところで、「数珠回し」とは一つの長い数珠を、みんなで回すんですか??だとしたらすごいですね(^v^)京都はいいですよね・・・。文化に触れられ、いろんな伝統行事などが生きてる場所ですしvv。とっても素晴らしいです!(^^)!
かわちやさんにも、一度いってみたいなぁ・・・。
うわっ、気づいたらめっちゃ長くなっちゃた。
すみません(+o+)また遊びに来ます。

  • 投稿者: あんず
  • 2006/08/25(金) 16:24:12
  • [編集]

地元の

こういう行事は大切にしたいですね。
私が住んでいる地域は、夏に、戸田ふるさと祭りと戸田・いたばし花火大会が開催されます。
でも暑いのが苦手なので、興味があっても行かない私…。
秋に開催してくれればいいのにな。

  • 投稿者: てるぴい
  • 2006/08/26(土) 17:00:06
  • [編集]

あんずさんへ

ありがとうございます。
「数珠回し」とても長い数珠を輪になって回します。
眠くなって来ます(笑)
ぜひ お店の方ものぞいてみてくださいな。
お待ち致しております。

  • 投稿者: なごみ
  • 2006/08/26(土) 17:25:57
  • [編集]

てるぴいさんへ

ありがとうございます。
お祭り たくさんあるんですね!
私も 以前は あまり行かなかったんですよ!
暑いし面倒だし・・・

ふと 行くとなつかしかったり いいなーと再認識したりで 復活しております。
秋に・・・賛成ですね!

  • 投稿者: なごみ
  • 2006/08/26(土) 17:29:01
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。